弁護士

弁護士は、相談者のケースに合わせた個別具体的な回答を出せる法律相談をすることができますし、相談者の代わりに相手と交渉してもらうこともできます。

特に何らの制限もなく、相談者の利益のために相談者をフルサポートすることができる人、それが弁護士です。

 

それなら、相談先に悩むことなく弁護士に相談に行けばいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、そうもいかない理由のひとつして弁護士を利用する際の費用の問題があります。

弁護士が強力な味方になると分かっていても、一般的に人が弁護士を頼むことに及び腰になるのには、ひとつには弁護士は利用するのに費用が高いからということが挙げられます。

 

単発の相談だけでしたら、30分/5,000円くらいが通常の相場のようですが、正式に仕事を依頼するとなると、着手金で20万円〜50万円くらい、報酬金で30万〜60万くらいかかるのが一般的なようです。

 

調停などにおいては、複雑なケースや相手が弁護士を依頼している場合、後に訴訟が予想されるような場合を除いては、必ずしも弁護士を依頼せずに、弁護士への単発の相談や他のサポート機関からのサポートを得たりして自分で乗り切ることもできますので、必ずしも「離婚の相談=弁護士への依頼」と考えることなく、単発の相談や他のサポート機関の利用なども考えて、上手に利用できるといいのではないでしょうか。

 

ただ、裁判で争うような場合には、費用が高くともやはりを依頼せずに進めていくのは難しいようです。

 

経済的理由から弁護士費用が支払えないという場合には、法テラス(日本司法支援センター)から民事法律援助として弁護士費用の立て替え払いをしてもらうこともできますので(法テラスでは条件を満たせば無料の法律相談も受けられます)、自分には費用が払えないから弁護士を頼むのは無理だとあきらめる前に相談してみましょう。

 

最近は、無料の法律相談を行っている離婚専門の法律事務所もあるようですし、自治体主催で弁護士による無料相談なども行われていたりします。

 

法的な問題を相談したいけど料金が…という場合でもあきらめずに情報収集してみましょう。

 

そして、料金の他にも、弁護士への相談の際には気を付けておくべきポイントがあります。

 

それは、弁護士の相談は基本的に 「法律相談」 であるという点です。

 

どういうことかと言いますと、「法律相談」 というのは 「離婚したいと思っているのだけれども相手が同意してくれない。離婚するにはどうしたらいいのか?」 とか 「離婚するにあたって慰謝料をもらいたいがいくらくらいもらえそうか?」 など、離婚するにあたって法律に絡んだ問題についてする相談をいいます。

 

ですので、「離婚したくないけど、離婚した方がいいのか分からなくて迷っている」 といったような自分の中で何をどうしたいのかなど自分の気持ちが何も定まっていない状態で弁護士に相談に行っても、法律相談にならないため弁護士と話がかみ合わず、不完全燃焼でくすぶるといったことになりがちです。

 

弁護士に相談したけど親身になってもらえなかったというお話や、自分の話をあんまり聞いてくれなかったというお話もよく聞きますが、法律的にはオールマイティーに相談者をサポートできる弁護士でも、法律相談に行き着く前の段階の相談ではなかなか力になることができないという現実が、そのような印象を与えてしまうことも多いようです。

 

離婚を専門にされている弁護士であれば、「離婚するか否か」 で悩んでいるような状態からウエルカムというところも多いのでしょうが、そうでない場合では 「離婚するか否か」 というような悩みで相談されても力になることができないという場合も多いようです。

 

弁護士の相談も、何分いくらといった有料なことがほとんどです。

 

弁護士が力を発揮できるのは、相談でいえば法律相談です。それ以外の弁護士が力を発揮することができない分野の相談で相談料を費やしていくのは、ある意味、勿体ないこととも言えます。

 

また、前述しましたように弁護士の法律相談は時間制で有料であることが多いので、状況を整理せず、ただやみくもに相談に行ってダラダラと話をしているとアッという間に終了時間でこれまた不完全燃焼でくすぶるといったことになりがちです。

 

以上のことから、弁護士に相談に行く際には、@何をどうしたいといった自分の気持ちは定まっているか A現在の状況や聞きたいこと・相談したことが整理されているか についてチェックをしてから相談に行かれることをお勧めします。

 

そうすることによって、より効率的・効果的そして、上手に弁護士さんを利用することができると思います。

 

正式に弁護士を依頼する場合の弁護士選びには弁護士との相性が大切といわれています。

 

人間同士なのでやはり相性というのがでてきますが、弁護士との相性が悪いとその間に信頼関係を築くのが難しいからだそうです。

 

単発の相談などで、相性のいい弁護士さんに当たったときにそれに気づけるためにも、気持ちや状況を整理して的確な相談ができるようにしておくことは大切なことです。

 

それでは、弁護士に相談するには適していない、法律相談に行き着く前の状態にいる場合、たとえば、今の状況が自分の中で整理できていない状態や、気持ちの整理がつかない場合、まとまらないけどとりあえず話をきちんと聞いてほしい場合や、離婚ではない方向で解決を目指したい場合etc、 そんな場合の相談先として適しているのはどこでしょうか?

▲このページのトップに戻る